塩素要求量計 CDM-5型

測定対象
原水の塩素要求量
測定方法
紫外線加速連続電量滴定方式
測定範囲
0〜10mg/L、0〜20mg/L 2段切替式
応答速度
15分以内
電源
AC100V

サンプリングから測定まで、全自動で原水中のアンモニア性窒素、鉄、マンガン、有機物などすべての物質の塩素要求量を短時間に、連続的に、全自動測定します。モニタとして監視用に、また塩素注入機との組み合わせにより、的確な塩素注入をコントロールできます。


資料請求はこちらから







一覧