詳細はこちら
構真柱建込工法 

近年地域の再開発プロジェクトを筆頭に建築工事の大型化が進み、それに対応すべく地下工事においては逆打ち工法が多用されています。

場所打ち杭の杭体に構真柱を建込み、杭体と上部鉄骨支柱を一体の構造物として施工する工法です。
 


■概要
施工方法としては、杭体コンクリートを打設する前に構真柱を建込む「先決め工法」と打設後に建込む「後決め工法」があります。
「後決め工法」の中には、コンクリートを打設する前にガイド管を設置しておき、コンクリートを打設した後に構真柱を建込む「ガイド管工法」があります。

鉛直精度の管理は、「水管」や「傾斜計」等にて、行われます。



 


■特徴
地下・地上工事の並行作業が可能になり、地上階の工事を早期に着工することで全体の工期を短縮できます。

構真柱建込み後、1階の床を作ります。この1階の床は、山留め支保工と作業床として利用するために地下の掘削作業に必要な重仮設資機材を低減することができます。

また1階の床は、地下部分の大半を覆うため、地下工事の騒音が低減されるなど周辺環境に配慮した工法となります。
 


■施工順序