詳細はこちら
場所打鋼管コンクリート杭工法 

財団法人 日本建築センター評定・評価番号 BCJ-FD0356-3
財団法人 土木研究センター 建設技術審査証明書取得 建技審証第0525号
 
 場所打鋼管コンクリート杭は、丸五基礎工業鰍始めとする杭施工会社9社が鋼管メーカーの協力の基に従来の場所打ちコンクリート杭の頭部をリブまたは突起付き鋼管巻きコンクリートとした複合場所打杭です。

 


■概要
「場所打鋼管コンクリート杭」は、従来の場所打ちコンクリート杭の頭部を鋼管巻きコンクリートとした複合場所打ち杭です。曲げ抵抗、せん断抵抗が大きく、変形性能に優れ、品質についても信頼性が高いため、高層住宅、事務所倉庫建築、土木構造物等の基礎杭として数多く採用されております。 


■特徴
@ 杭径を大きくしなくても、十分な必要曲げモーメントが得られる。

A 鋼管の外径、厚さ、材質を変えることにより設計の自由度が得られる。

B せん断耐力が大きい。

C 靭性が大きいので地震時の安全性が高い。

D 軸径を小さくできるので残土・産業廃棄物の量を大幅に減少できる。
 


■施工順序
 


鋼管建て込み