工事仕様≪地盤調査方法≫
弊社では一般木造住宅には「スエーデン式サウンディング」と「表面波探査法」の両方試験をし、総合したうえで施主様に調査結果報告をさせていただいております。
その結果を基に地盤の状況に合わせた適切な基礎や工事を選択しています。



表面波探査法は・・・
地面をゆらして、そのゆれの伝わる速さにより、地盤の硬軟を判断します。

データの変化から地層の境界を判別し、各層ごとに支持力がどのくらいあるかがわかります。



スウェーデン式サウンディング(SS方式)試験は・・・
先端がスクリューになったロッドを回転させながら25cmごとに地面に貫入させていきます。
この回転数により、地盤の硬軟を判断する方法です。
25cmごとに地盤の支持力がどのくらいあるのかがわかります。


一覧に戻る